ニキビ治療!外用薬について

ニキビは症状が進行していくと赤く炎症を起し、腫れてきてしまいます。
炎症を起こしてしまったニキビは色素沈着してニキビ跡、クレーターみたいなデコボコが出来てしまう事もあるのです。
そのような炎症を伴ったニキビに皮膚科は外用薬として抗生物質、または抗菌薬を処方するケースがあります。

抗生物質や抗菌薬はニキビの原因となっているアクネ菌と呼ばれる菌を抑えて、ニキビに対して即効性があるという事で皮膚科は積極的に処方しているのです。

外用薬である抗生物質や抗菌薬というのは感染症などといった原因になる微生物に対し、増殖を抑えたり機能を阻害する効果があります。

原因になる微生物を抑えてやる事によって最終的には症状を改善させて、色々な感染症に幅広く利用されているのです。

ニキビの治療に関しても抗生物質や抗菌剤が非常に有効とされています。

ニキビは毛穴が詰まった状態でアクネ菌が増殖をする事で炎症が起きるので、菌を抑える治療が有効という事で抗生物質や抗菌剤が適しているという訳です。
このようにニキビの治療薬は皮膚の症状を医師に診察してもらい、診断してもらってから適切な種類の薬が出される事となるので覚えておいて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>