ニキビ治療法!皮膚科と美容外科の違い

皮膚科と美容皮膚科はどう違うの?と思われている人も多いものです。
興味のある人のためにも、ここでは皮膚科と美容皮膚科の違いについて紹介します。

皮膚科と美容皮膚科は両方とも医療機関であり、医師が治療を行っていくという点は同じと言えます。
大きい違いとして挙げられるのは保険で治療を行う事が可能かという点です。

皮膚科に行く場合であれば基本的に保険で治療する事が可能なものが多いです。

それに対し、美容皮膚科の方は病気というよりかは美容目的の治療を行う事となります。
そのため、保険が適用されないケースも非常に多い傾向にあるのです。

しかし病的な治療という事で医師が保険治療と判断する事によって適用される事はあり、ニキビや吹き出物の場合では外用薬や内服薬であれば保険が適用されます。
レーザー治療やピーリング治療などを行う必要がある場合は、保険が適用されませんので注意が必要です。

そのため、治療を行う前に保険治療が行えるのかという点に関して医師に相談しておくようにして下さい。
皮膚科のニキビや吹き出物治療法は患者に最適な薬を出す内服治療と、外用薬を塗る治療に分けられます。
皮膚科の治療の1つに、精神的な治療もあってニキビや吹き出物に悩まされる人達のためとしてニキビや吹き出物は治るものだから大丈夫!といったように相談して患者のストレスを緩和させる事もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>