ニキビ治療法の面圧とは

皮脂が排泄障害によって毛穴に溜まってしまう状態の事をコメドと呼びます。

一般的に言うと白ニキビや黒ニキビと言われており、詰まった皮脂を栄養の源として
菌が異常に繁殖してしまう事によってニキビが化膿して赤ニキビになるのです。

赤ニキビになると炎症の度合いによっては差があるものの、色素沈着やクレーターみたいになる一般的なニキビ跡と言われる跡が残ってしまいます。
そこで白ニキビの間に菌の栄養源となっているコメドをしっかりと取り除く事を面圧と言い、非常に重要なポイントとなるのです。
面圧を行う事によって跡となるような赤ニキビにする以前でニキビを改善させる事が出来るようになるのです。

この処置は赤ニキビに対しても非常に有効的で、この場合は防止というよりかは、菌が皮脂を分解して出す刺激性物質を面圧で取り除く事で起きた炎症を沈静化させる事が出来るのです。

なるべく早く炎症を引かせるという事は色素沈着はもちろん、跡が残る時間を短くする事に繋がります。
仮に1週間ニキビへの処置が遅れてしまうと、跡が残ってしまう期間は1ヶ月延びてしまうとされています。
ニキビの治療に関わらず、肌トラブルを改善させるには治療に早く取り掛かる事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>