ニキビ治療!内服薬について

皮膚科で処方してもらう事が出来る薬は基本的に抗炎症剤と抗生物質のとなります。
抗炎症剤というのはニキビの患部に起きた炎症を抑えてくれる効果があり、抗生物質の方はニキビや吹き出物の菌を殺菌してくれたり繁殖を抑制させる効果があるのです。
これらの薬は内服薬と塗り薬で対応していくケースが一般的には多いのです。

抗生物質はニキビ菌、または他の菌が繁殖してしまった際、それらの菌を排除するためとして使われるもので抗菌剤とも言われる事があります。
抗炎症剤はニキビの炎症を抑える効果があり、患部が炎症を起こしてしまっていて腫れていると少しの刺激でもかなりのダメージを受けてしまいます。

したがって、自分の力だけではケアする事が困難な場合もありますので抗炎症剤を使用する事になります。
皮脂分泌を抑える薬は過剰に出される皮脂を抑えてくれて女性の場合、ホルモンバランスが崩れてしまうのが過剰分泌の原因という事もあって、そうした場合はホルモン剤が利用される事もあります。

また、ビタミン剤も有効で皮膚組織の回復を早めてくれて肌のターンオーバーを向上させてくれます。
皮膚科で処方されるビタミン剤は市販されているサプリと比較すると吸収率などといった面でもかなり優れています。
そのため、集中的にビタミンを補給するのとニキビや吹き出物の症状を早く改善する事が可能となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>